SAKIMORI 盗聴・盗撮発見器 防犯アイテム専門店

  • 電話 0120-541-275 受付時間 10:00 a.m. - 7:00 p.m.
  • メール対応
  • 休店日のお知らせ

wifiとは?メリット、導入方法についても解説

wifiとは?メリット、導入方法についても解説

「wifi(ワイファイ)」という言葉はすでに世間に浸透していますが、wifiがどういうものなのか知らないという人も多いのではないでしょうか。

(なお、正式な表記は「Wi-Fi」です)

wifiが何かを知らず、利用しないでいる人は、もしかしたら損をしているかもしれません。なぜならwifiは、利用している人のインターネットライフをとても豊かにしてくれるものだからです。

今回はwifiについて知りたいという方のために、wifiがどんなもので、どう役に立つのか、さらにwifiの導入方法まで説明していきます。

wifiとは?

wifiとは、パソコンやスマホなどのデジタル端末を、無線でネットに接続するための仕組みです。以前は、パソコンは有線(ケーブル接続)でしかネットにつながりませんでした。

しかしwifiが登場したことで、ケーブルを接続しなくてもパソコンやスマホをネットにつなげられるようになったのです。では次に、wifiを利用することで、どんな利便性があるのかについて説明していきましょう。

wifiで何が便利になる?

自宅でwifiを利用すれば、パソコンとスマホ両方に、それぞれ別の利便性があります。ここではwifiを利用することで、パソコンとスマホ、それぞれにどんな利便性があるのかについて説明していきます。

パソコンをwifiに接続すれば、無線でネットに接続できる

先ほども説明したとおり、有線接続の場合、パソコンをケーブルにつなげなければならないため、ケーブルの届く範囲でしかパソコンをネットにつなげられません。しかしwifiを利用すれば、ケーブルでつながなくてもネットに接続できます。

wifiを使ってパソコンをネットにつなげれば、自宅内の好きな場所にパソコンを置いて、ネットを楽しめます。

スマホをwifiに接続すれば、データ通信量を節約できる

wifiを利用することで得られるメリットは、パソコンよりもスマホのほうが高いと言えるでしょう。スマホを自宅のwifiに接続すれば、データ通信量を気にせずネットを楽しめます。

wifiを使わずにスマホでネットをする場合、携帯会社の電波を使うことになり、ネットを使えば使うほど、使う電波の量も増えていきます。

この使用する電波の量が、データ通信量(パケット)です。

データ通信量が一定量を超えると、携帯会社から制限が入り、ネットにつながる速度が途端に遅くなります。そのためスマホでは、データ通信量に気をつけながらネットをしなければなりません。

しかしwifiを使ってスマホをネットにつなげれば、携帯会社の電波を使う必要がないため、データ通信量を節約できるのです。自宅でwifiを使えば、自宅にいる間、データ通信量を気にすることなく、好きなだけネットを楽しめます。

wifiはどうやって使えばいい?

自宅でwifiを使うなら、wifiルーターという機器が必要です。wifiルーターは、パソコンやスマホなど、複数の機器を無線接続するための装置です。

最近は多くの場合、インターネットの接続業者であるプロバイダと契約する時に、プロバイダからwifiルーターをレンタルできます。つまり光回線などのインターネット契約をしたうえで、プロバイダと契約するだけで、自宅でwifiが利用できるようになるのです。そのため、これからプロバイダと契約する人は、wifiを利用するにあたって、基本的に用意するものはありません。

自宅に光回線などのインターネット回線が接続されているのに、wifiルーターが自宅にないという人は、ルーターを追加購入すればwifiを利用できます。

自宅以外でもwifiは使える?

ここまで自宅でパソコンやスマホをwifiに接続する話をしてきましたが、自宅以外でもwifiを利用できます。 自宅以外でwifiを利用する方法は、以下の2種類です。

①お店で利用できる「フリーwifi」を使う

①持ち運びできる「モバイルwifiルーター」を使う

ここでは、それぞれの特徴について説明していきます。

お店で利用できる「フリーwifi」

フリーwifiは、無料で利用できるwifiです。マクドナルドやスターバックスなど、wifiを無料で使える店舗が増えています。フリーwifiのサービスをしている店舗に行けば、パソコンやスマホをwifiにつなげて無料でネットが楽しめます。

ただしフリーwifiでは、その店のネット回線を、フリーwifiを使ってネットに接続するお客さんたちで共有することになるため、混雑状況によっては、ネットにつながる速度が遅くなるのがデメリットです。

持ち運びできる「モバイルwifiルーター」

モバイルwifiルーターは、文字通り持ち運びが可能な、小型のルーターです。モバイルwifiルーターを使えば、外出先でも、パソコンやスマホをwifiに接続できます。

モバイルwifiルーターは外出先だけでなく、もちろん自宅でも利用できます。先ほど紹介した自宅内でのみで使えるwifiと違い、モバイルのwifiルーターと契約する場合、ネットの回線工事などは必要ありません。

自宅に届いたその瞬間から、モバイルwifiルーターを使って、パソコンやスマホを無線でネットに接続できます。光回線などのインターネット契約をしていないという人は、モバイルwifiルーターを購入してもいいでしょう。

ただしモバイルwifiルーターは、スマホと同じようにネットを使いすぎると、ネットにつながる速度が遅くなるというデメリットがあります。スマホより規制の条件が緩いのが一般的ですが、自宅で動画をよく視聴するなど、好きなだけネットをしたいという人は、モバイルwifiルーターを購入するより、自宅のネット回線をwifiにつなげたほうが賢明です。

まとめ

wifiは、パソコンやスマホを無線でネットに接続するための仕組みです。wifiがあれば、ケーブルでつなげなくても、自宅内の好きな場所でパソコンを使ってネットができます。さらにwifiをスマホにつなげれば、データ通信量を気にせずにネットができます。つまりwifiを活用すれば、自宅でのネットライフがとても快適になるのです。

wifiは、プロバイダと契約するだけで使えるようになります。自宅に光回線などのインターネット回線が接続されてないという方は、この機会にぜひ契約を検討してみてはどうでしょうか。




ページトップへ